Photoshop初心者さんが写真のレタッチ(色調補正)などをするために覚えたい機能

Posted under - Web Design

44

私は毎日使っている Adobe Photoshopですが、まだまだ使いこなせてません ...。 初心者だったころは今以上に分からないことだらけでした。 今回はとても長い記事になってしまいましたが、初心者だった頃分かりにくかったなーと思った Photoshop の機能についてまとめてみました。

Photohsop cut out

せっかく合成写真作ったので、扉絵にしてみました ;D

私が Web制作をするときに、いつもお世話になってるのが Adobe Photoshop。Photoshop は Webデザイナーでなくても、DTP デザイナーさんやカメラマンさんなど、職種を問わずいろんな所で使われていますよね。もちろん仕事で使っていないけれど、趣味のことに Photoshop を使っている … という人もたくさんいると思います。

Photoshop はとっても高機能でいろんな機能がついていて、分からないことだらけ …。難しい用語もあったりして、取っ付きにくいなーと思ってる人も多いはず。学校で Photoshop を習ったことがない人なら、なおさらそんな風に思いますよねー。

私も最初の頃は、何をどうやったら、思うように Photoshop を上手に扱えるのか、全然分かりませんでした。Adobeさんの Photoshop のユーザーズガイド … 見ても初心者さんには難しい用語とか多くて … 結局分からなかったような … X(

今回は Photoshop を始めたばかりの頃、分からなかったこと、つまづいたことなどを振りかえってまとめてみました。それから私は現在、フリーで Webデザイナーをしていて、近くに Photoshop を教えてくれる人がいません。なので間違った使い方や解釈をしているかもしれません。少しでも参考になればとも思う反面、これはこーゆー風にした方がいいぞーとか、それはダメな使い方だよーなどあったらコメントいただけるとうれしいです!

私は Web制作が基本なので、印刷用とは違う所もたくさんあると思います。また私は Photoshop CS5 を使っているので、画面が違ったり、機能が違ったりするのもあるかもしれませんが、そこはご了承くださいね!一般の人は Web素材を作ったりは無いと思うので、基本的に写真についてのことについてです。

Photoshop レタッチ 目次

  1. Photoshopで写真の補正に挑戦
  2. 明るさとコントラストはお手軽だけど、もうちょっとステップアップ
  3. レベル補正ってなんだろう
  4. トーンカーブを使えばもっと細かく色調補正ができます
  1. マスクを上手に使ってみよう
  2. ブレンドモードってなに?
  3. マスク、ブレンドモードなどを使って画像を加工してみる
  4. 最後にシャープフィルター

1. Photoshopで写真の補正に挑戦

色調補正レタッチ を始める前に … 実は写真(これからは画像って言います)は、補正を加えるとどんどん劣化していきます。補正をするのに劣化?というとちょっと混乱しそうですが、後で分かりやすく説明します。そのことを頭にいれておいて、補正はできるだけ最小限、やりすぎ注意ということを忘れないでくださいね!

1.1. 調整レイヤーが便利

それから画像の色調補正は、メニュー → イメージ → 色調補正 でもちろんできるんですけど、ここだと失敗した時のやり直しが後々面倒だったりします。

なので、直接画像をいじらない 調整レイヤーを使うことをおすすめします。失敗しても簡単にもとに戻せますよー!

調整レイヤーは、レイヤーパネルの下の所、塗りつぶしまたは調整レイヤーの新規作成をクリックして作ります。必要に応じて使い分けてみてくださいね!

2. 明るさとコントラストはお手軽だけど、もうちょっとステップアップ

カメラで撮ってパソコンで見てみると、思ってたより暗かったりして、ちょっときれいにしたいなーと思うときってありますよね。そんなとき、いちばん最初に思いつくのが、この明るさ・コントラストの調整じゃないかなーと思います。

スライダーを動かすだけで簡単に明るくしたり暗くしたり、コントラストをつけたりできるので初心者のときは真っ先に使っていました。

明るさ・コントラストをいじるだけで、簡単に画像の補正ができますよね!

オリジナル画像

オリジナル画像

オリジナル画像。全体的に暗くって性格も暗いです …

明るさ・コントラスト 調整後

こっちが明るさ・コントラストで補正したあとです。

さっきも言いましたが、画像は Photoshop で加工すればするほど画質は落ちていく場合があります。ちょっと明るさ・コントラストを変更した画像がどうなってるかを、ヒストグラムというもので見てみましょう!

ヒストグラムは メニュー → イメージ → 色調補正 → レベル補正、または メニュー → ウインドウ → ヒストグラム で見ることができます!

補正前のヒストグラム

これがオリジナルのヒストグラム。真っ黒なグラフのような感じです。

補正後のヒストグラム

補正後の画像のヒストグラムです。所々、白く抜け落ちています。

そしてこっちが補正後の画像のヒストグラムです。ヒストグラムとは、0 ~ 255(暗い所から明るい所)までが、どんな風に分布しているかを表しています。補正後の画像のヒストグラムは、所々白く抜け落ちてるのがわかります。ヒストグラムは暗い所から明るい所の分布を表してる訳ですから、白く抜け落ちてる部分はすっかりなくなってるということです。

ということは、その分滑らかさがなくなって、画像が荒くなってるってこと …。あとでまた説明しますが、画像を補正していくと、こういう風に荒くなる可能性があるので、やり過ぎには注意が必要なんですね(もちろんわざと色を飛ばすとかもありなので、上のような状態がダメっていうわけではないです)。

じゃあ「明るさ・コントラスト」は使うなってこと? … という訳ではなくて、ちょっと次のレベル補正というのを見てみましょう。その中でどうして白く抜け落ちるかも分かると思います。

Attention

コメント欄でチャンネルの切り替えをご指摘していただきました!画像を補正する前に、イメージ → モード → 8bit/チャンネルから 16bit/チャンネルへ。補正後、8bit/チャンネルに戻したときには、色調補正ででるシロ抜けがなくなります!boiさん、コメントありがとうございました!

3. レベル補正ってなんだろう

レベル補正では、さっき出てきたヒストグラムを見ながら色調補正が行えます。しかも、明るさやコントラストもレベル補正でできるし、明るさ・コントラストでは出来なかった、RGB(赤、緑、青)ごとの補正もできるので、「明るさ・コントラスト」よりも細かい補正ができるんです。

3.1. ちょっと寄り道:色の3原色について

RGB という言葉がでてきたので、ちょっと色の3原色について、簡単に復習してみましょう。違う色同士って混ぜると色が変わりますよね。でもこの色の混合にはいろいろあって、加法混合減法混合というのがあります。難しい言葉ですが、画像でみると簡単に分かると思います。

加法混合

Webの色はこっちです。R(赤:Red)、G(緑:Green)、B(青:Blue)を混ぜると、最終的に白になっちゃいます。光の3原色なんていったりもします。テレビとかもこっち。

子供の頃、だれでも絵の具を使って絵を描いたことがあると思うんですけど、あの時の感覚とは違いますよねー。混ぜると白になるなんて …。でもこの RGB カラーについての感覚に、ちょっと慣れるのも必要かもしれません。

減法混合

印刷関係などの色の感覚はこっちです。いろんな色を混ぜると、最終的には黒になります。絵の具の感覚なのでしっくりくるのはこっちですね。

印刷の場合はこれに Kを加えて、CMYK(Cyan – シアン、Magenta – マゼンタ、Yellow – イエロー、Key – 黒のこと)と言ったりします。プロセスカラーなんて言い方もあります。

3.2. レベル補正に挑戦

レベル補正では、ヒストグラムのシャドウ中間調ハイライトの 3つのスライダーをいじります。使い方は簡単で、以下のような感じです。

  • シャドウスライダーを右にもってくと、暗いところはより暗くなる。
  • ハイライトスライダーを左にもってくと、明るいところはより明るくなる。
  • 中間調を右にすると暗くなり、左にすると明るくなります。

ハイライトのスライダーを左にしたり、中間調を左にすれば明るさの調整ができるし、ハイライトスライダー/シャドウスライダーを中央によせれば、コントラストが強くなりますよね。

レベル補正では、これを RGB ごとにできるので、明るさやコントラストだけでなく、色調の補正もできるというわけです。

各色ごとに調整できる

もうちょっと赤っぽくしたい … というときは、R(赤)のハイライトを強くしたり、G(緑)のシャドウを弱くしたりとか … 。この辺はさっきの 3原色の関係で変わって行くので、少し慣れが必要ですね。

でも、理屈というか、こういう風に使うんだーということが分かれば、あとは自分の好みでいじれるようになると思うので、いろいろ試してみてくださいね!

レベル補正で補正

さっきの画像をレベル補正を使って、「明るさ・コントラスト」で調整したくらいに補正してみました。ハイライトを山裾に寄せて、中間調を少し左へ … シャドウをちょっと右にしてコントラストを意識して …

こんな風に、明るさ・コントラストでできたことは、レベル補正でもできちゃいます。今回は RGB 各色はいじらないで、全体的な調整だけでやっています。

レベル補正ではシャドウスライダー、ハイライトスライダーを動かして補正しています。本来 0 ~ 255 までの階調があるものを、つめてしまう感じです。なので補正後の画像のヒストグラムを見ると、つめたものを 0 ~ 255 で引き延ばすので、間が飛んで白い部分が現れるっていう感じです。「明るさ・コントラスト」のところで見たヒストグラムの状態がそれです。

3.3. 色のはっきりした画像

上のサンプル画像のヒストグラムは、山が 3つくらいある感じでした。ヒストグラムの形は、画像によって様々です。例えば色がはっきりとした、こんな花の画像の場合はというと …

赤や黄色が鮮やかな花の写真ですねー。この写真のブルーのヒストグラムが右の図です。暗い部分の青は強いけれど、明るい部分の青は弱いですね。こんな風にいろんな画像のヒストグラムを見ておくのも色補正するときのヒントになるかもしれませんねー。

4. トーンカーブを使えばもっと細かく色調補正ができます

今度はトーンカーブというのを見てみましょう。明るさ・コントラストで出来ることはレベル補正でできました。トーンカーブを使えば、同じことができるだけでなく、さらにもっと細かく補正することができます。

なので、明るさ・コントラスト < レベル補正 < トーンカーブ という関係になりますねー。色調補正にチャレンジするならトーンカーブをぜひ覚えたい所です!

RGB 各色ごとにカーブを調整できるし、レベル補正で使ったシャドウ、ハイライトのスライダーもあります。まずトーンカーブを開くと斜め 45度の直線が描かれてます。直線上の任意の箇所をクリックするとポイントが追加されて、ポイントをドラッグすることでカーブを描いて行きます。

ポイントはひとつではなくていくつも作ることができます(14個までだったかな?)。command + クリックでポイントを削除、または枠の外にドラッグしても削除できます。alt + クリックで目盛りもでます。

試しにレベル補正でやってみたことをトーンカーブで再現してみましょう。

トーンカーブで補正

まずハイライトのスライダーを真ん中の方に寄せて … これはレベル補正の時と同じ感覚ですね。あとはカーブを調整して、明るさとコントラストを調整します。

こんな風にレベル補正でできることは、トーンカーブでできちゃいます。でもこれではトーンカーブのいいところを全然使ってません。カーブを描けるから、レベル補正よりもさらに細かく色調補正ができます。レベル補正では全体的な補正だけど、トーンカーブだとハイライトだけもっと明るくとか、一部分だけ補正できるという感じです。

4.1. トーンカーブのだいたいの目安となるカーブ

とてもざっくりですけど、こんな風なカーブだとこうなる、という目安です。

明るくする

カーブを上へ持って行くと全体的に明るくなります。

暗くする

カーブを下へ持って行くと全体的に暗くなります。

コントラストを強く

S字カーブ。明るい領域は上方向でさらに明るく、暗い領域は下方向でさらに暗くすれば、コントラストがはっきりとしてきます。

コントラストを弱く

さっきのとは逆の S字カーブですね。明るい領域を暗く、暗い領域を明るくすれば、コントラストは弱まります。

4.2. トーンカーブのもっと便利な使い方

トーンカーブで細かく色調補正ができるのはわかりましたが、実際にはカーブをいじるよりも、目に見えている画像を見ながら補正するほうが分かりやすいですよね。

トーンカーブでは、画像の一部分をクリックすると、そこがカーブでどの辺りになるのか教えてくれる機能がついてます。これならここの部分をもうちょっと明るくしたいとか、直感的にわかるので使いやすいと思います。

まずはトーンカーブウインドウの指マークをクリックして、画像の修正したい色のところで、クリック & 上下にドロップすると、トーンカーブが上下します。このままだと全体が動いてしまうので、暗い所はそのままにしたいんだけど … という場合は、動かしたくない部分にはポイントを打って固定しておけばOKです。

4.3. 画像の暗い所と明るい所をチェックしておく

ただ何となくトーンカーブをいじっていると、明るい所、暗い所を潰しちゃう場合があります。微妙な陰影がなくなって、同じ色でベターっとしちゃう感じになってしまいます。シャドウスライダーとハイライトスライダーを動かしたいときには、まずは画像のいちばん暗い所と、明るい所を、指でクリックしてチェックしておくと、数字で確認できます。

いちばん明るい部分は 222ですね。そしていちばん暗い部分 は、6です。 … サンプルがこんなだったから、ほとんど 0 みたいなものですけど。

例えばハイライトのスライダーを、210 まで移動した場合、210 から 222 までの部分は色がつぶれてしまうというか、飛んでしまうというか、そうなちゃいます。これを目安にしておけば、色潰れをさけることができます。もちろんわざと潰すのだってアリなんですから、ひとつの目安として考えてくださいね!

5. マスクを上手に使ってみよう

マスクって何でしょう … 。例えば写真の中の一部を選択したとします … 例えば人物だけとか。そのときに切り抜いて、切り抜いた部分をコピーして、新しいレイヤーにペーストして … とはあんまりしません。ではどうやってやるかというと、ここでマスクの出番です。

切り抜いた部分をコピー & ペーストした場合は、切り抜いた部分のエッジ – ぎりぎりの際(きわ)の修正が出来なくなってしまいます。でもマスクを使えば、後からエッジをぼかしたりなどの修正が簡単にできます。実際にやってみるとこんな感じです。

<<Prev
Next>>

1 が元画像です。これに切り抜きで作ったマスク 2をかぶせます。マスクを画像にかぶせると、マスクに覆われた部分は表示されないので、切り抜きしたのと同じように表示されます3

マスクはさっきも言った通り、微妙な調整などもできるので、切り抜きなど選択範囲を作る時はマスクが便利ですよ。選択範囲を作ってある状態で、レイヤーウィンドウの下の部分、レイヤーマスクを追加で簡単にマスクが作れます!

でも、合成写真とか作る訳じゃないからマスクは覚えなくていーやと思う人もいるかもしれませんが、1枚の写真を補正するときにもマスクは使ったりします。あとでちょっとご紹介しますが、マスクはちょっと便利な機能なので覚えておいてそんはないですよー。

6. ブレンドモードってなに?

レイヤーパネルの上の所、不透明度の横にあるブレンドモード … これって分かりにくいですよね …。不透明度は透過のレベルを調整するだけなので、直感的に分かりやすいですけど、ブレンドモードって何でしょう …

これは下のレイヤーと上のレイヤーを、どうやって重ねるか … っていうことなんですが、そのモードの多さと乗算オーバーレイなど、普段聞き慣れない言葉が並んでいるので、どうやって使ったらいいのか分からないっていう人も多いと思います。

それに、2枚のレイヤーをブレンドするとどうなるの?っていう疑問もあると思うので、ちょっとあとでサンプルを使って例をいくつかあげてみます。その前に各ブレンドモードを言葉で紹介すると、どんな感じかちょっと見てみましょう。後々どのブレンドモードを使おうかなーと思いつかないときに、こういうのを知ってると知らないでは違うと思うので …

  • 通常、ディザ合成
  • 比較(暗)、乗算、焼き込みカラー、焼き込み(リニア)、カラー比較(暗)、 比較(明)、スクリーン、覆い焼きカラー、覆い焼き(リニア)- 加算、カラー比較(明)
  • オーバーレイ、 ソフトライト、ハードライト、ビビットライト、リニアライト、ピンライト、ハードミックス
  • 差の絶対値、除外、減算、除算
  • 色相、彩度、カラー、輝度

いやぁ … いっぱいありますねー X( この中のいくつかは、私も使ってないものもあって分からないのも多いです …。

4.1. 通常

これは説明いらないですね w 直感的に分かると思います。通常です。

4.2. ディザ合成

全然使ったことないので、どんな時に使うのかわかりません …。でもディザってなんだろーという人もいると思うので、ちょっと寄り道。まず、ディザというのは、限られた色でより多くの階調を表現する技術のことらしいです。

ここでは、透過 PNG と 透過 GIF を例にしてみてみましょう。

透過PNG画像

まず、透過 PNG という形式の画像は、向こう側が透けますよね。このアイコンは丸い形の 透過 PNG です。それをピンクの背景の上に乗せても、きれいに輪郭が表示されますよね。

透過GIF画像

そして透過 GIF も、丸い形のアイコンを使っても、背景の色を気にしなくても使えます。でも、さっきの PNG を、そのまま GIF に変換して同じように背景に乗せると … こうなります。よく見ると輪郭がきれいにならないで、白くギザギザになってるのが分かると思います。

透過GIF画像 - ディザ処理あり

今度は先ほどの GIF 画像に、ディザ処理を加えました。白いギザギザが薄れたと思います。これは輪郭に、背景と馴染ませるための「色」- 階調(グラデーションみたいなもの)をつけたからなんです。ですから、先ほどよりは大分よくなりました。

これがディザ処理。ちょっと乱暴な説明ですけどなんとなく分かってくれたでしょうか?それではブレンドモードに戻ります!

4.3. 乗算

これは直感的に分かりやすいモードですね! 下の色と上のいろを混ぜた色になります。RGB の光の三原色じゃなくて、色の三原色と同じように混ざるので、絵の具とかを想像してもらえば分かりやすいと思います。赤と青を混ぜれば紫だし、黄色と青を混ぜれば緑になりますよね!

4.4. スクリーン

これは乗算の逆というか、色の三原色じゃなくて光の三原色(RGB の方)でブレンドするモードです。なので直感的には分かりにくいんですけど、慣れれば簡単に色が想像できるようになりますよー。

色の三原色は、たくさん色を重ねれば黒に近づきますが、光の三原色は色を重ねれば明るくなりますからね!

4.5. オーバーレイ

これは基本的には、乗算とスクリーンを混ぜた感じのモード(で合ってるかしら …)。明るい所はスクリーンの効果でより明るくなって、暗い所は乗算の効果でより暗くなるという感じ … メリハリがついて鮮やかになる感じ?

基本的には代表的なのはこんな感じです。すこし乱暴かもしれませんが、他のモードはそのグループの仲間的な感じで、少しずつ効果が違います。

でも基本的に上の 3つがどういう理屈でブレンドされてるのかが分かれば、使うときに何を使うとどうなるのかってことが予想しやすくなりますね!

ブレンドモードについては下記リンクでとても詳しく紹介されています!

実際にはどうやって使うの?どーいうときにブレンドモードをどんな風に使うか … っていうのは、いろんな例をみて、自分の好きな感じとかをやってみて、テクニックのひとつとして身につけていくしかないかもしれません …。こういうテクニックは、いろんなサイトで具体例が紹介されているのでいろいろ挑戦してみてくださいね!下記リンク先では、毎日 Photoshop を使った加工写真などのチュートリアルが配信されています。こういうので少しずつ練習してみるのもいいかもしれませんね!

7. マスク、ブレンドモードなどを使って画像を加工してみる

せっかく画像を切り抜いたので、ちょっと合成写真を作ってみます(無理やりな展開ですいません)。

背景用の画像

まずはこんな背景を用意。この背景の上に、さっきマスクを作った画像を置いてみます。

とりあえず切り抜きを乗せてみた

背景の上に切り抜きを置く

うーん … まず、切り抜いた周りに元画像の背景の色 – ベージュが、エッジ部分が残っています。髪の毛の部分をみるとよくわかりますねー。

なので、ブレンドモードを工夫してちょっと背景になじませてみましょう。

ブレンドモード- 乗算

ブレンドモード - 乗算

切り抜きの画像を 1枚複製して、ブレンドモードを乗算にしてみると、こんな風になります。乗算では色が重なると濃くなるので、ベージュの部分も黒く影っぽくなりました。これなら背景にうまく馴染んでますよね。

元画像を重ねる

元画像を乗せた状態

乗算レイヤーの上に、元の画像を重ねます。そして消しゴムツールを使って、ベージュのエッジの部分を注意深く消していきました。

そーすれば乗算でブレンドした部分が表示されますよね! … ここで右手の脇のところ、切り抜くの忘れたことに気付きました … X(

ぼかし + ハードライト

ぼかし + ハードライト

もう 1枚切り抜きを複製して、フィルタ → ぼかし → ぼかし(ガウス)で、すこしだけ画像をぼかします。そしてブレンドモードを、ハードライトにしてみるとこんなレイヤーができます。

ついでに遠近感を出すために、背景もぼかしてみました。

元画像を表示してブレンド

完成した合成写真

さっきのハードライトレイヤーの、不透明度を調整します。最後にちょっと切り抜きをシャープにして、背景を肌の色に合わせる形で夕焼けっぽくしてみました(これはトーンカーブで赤を少し明るくします)。もともと室内で撮った写真との組み合わせなので、不自然さは否めませんが … X(

今回は背景画像との組み合わせますが、ひとつの切り抜きにいくつかの画像をブレンドしていくテクニックは、いろんなところで活用できます。

たとえばショートケーキのいちごだけ鮮やかにするとか、そんな風に応用できます。こういったサンプルは、さっき紹介したサイトなどでたくさん紹介されているので、いろいろ試してみてくださいね!

また、今回作ったサンプルの合成写真テクニックは、以下の本を参考にしました。

FAKE IMAGE with Adobe Photoshop

ある人に勧められて以前購入したんですが、とても参考になる内容でした!残念ながら新品はもう売ってないみたいです … 1999年の本でした …。

8. 最後にシャープフィルター

とーっても長くなってしまったので最後にします …

もうちょっとシャープに撮れてればよかったのにー … という惜しい写真、結構ありますよね。また、一見よく撮れてるように見える画像でも、もうちょっとシャープにしたいときもあります。そんな時はシャープフィルターを使ってみましょう。文章で説明するより見てもらった方が早いので … ちょっとアップすぎて恥ずかしいですが X(

スマートシャープ

ちょっとアップすぎて恥ずかしいですが … シャープになるのが分かると思います!

シャープフィルターには、スマートシャープ、アンシャープマスクなど数種類あります。今回はスマートシャープを使用しました。やり過ぎには注意が必要ですけど、こんな風に簡単にシャープになります!

8.1. フィルターの補足:スマートフィルターが便利!

Photoshop で画像にフィルターを使うときは、レイヤーにそのままフィルターをかけてしまうと、あとでやり直したいときに変更できなくなってしまいます。あとで変更する可能性がある場合は、レイヤーをスマートフィルター用に変換しておくと便利です。

スマートフィルター用に変換

レイヤーパネルでの表示

フィルター → スマートフィルター用に変換 をすると、上記のようにスマートフィルターを示すアイコンがついて、レイヤースタイルのようにフィルターが使えるようになります。フィルターの横の目アイコンをクリックすれば、いつでもフィルターをかける前に戻せるので便利ですね!用途に合わせて使い分けてみてください。


まだまだ多機能でいろんなことができる Photoshop。今回は色調補正、レタッチ、写真加工を中心にまとめてみました。下手っぴなサンプルでごめんなさいっ!最後まで読んでくれた方、本当にありがとうございました!

Comments

Thank you for the comment.